新型パッソの特徴と燃費

新型パッソの特徴は、パッソ X、G、パッソ +Hanaなど、デザイン面で、2つの個性を追求しているところです。
ワイド感と低重心を強調したフロントバンパーと切れ長感のあるヘッドランプが魅力のパッソ X、Gは、端正なフロントビューとなっています。

 

丸いモチーフのアッパーグリル、フォグランプ、ロアグリルを連続させた特徴的なデザインを有するパッソ +Hanaは、かわいらしさを表現しています。
それぞれに、上級仕様のGパッケージを設定していて、選択肢を広げています。

 

また、全車にVSC&TRC、緊急ブレーキシグナルを標準装備しており、安全性を向上しています。
新型パッソの燃費は、非常によく、低燃費をしっかり追求しています。

 

2WD車でガソリンエンジン登録車トップの27.6km/Lを実現しています。
燃費を約30%向上していて、4WDでも燃費を向上させています。

 

新型パッソは、最大熱効率37%を実現した高熱効率の低燃費エンジンを搭載しています。
そして、クールドEGR、エキゾーストマニホールド一体型シリンダーヘッドの採用などで、熱効率を最大化しています。

 

また減速時のエネルギーをバッテリーにためる回生機能を強化するとともに空力性能を改善しています。
エンジンを停止するアイドリングストップ機能を搭載するなど、燃費向上技術を巧みに採用しています。